コラム記事一覧

  • いよいよ10月です!

    「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったもので、あれほど暑く長かった夏もやっと終息し、朝晩は少し寒いくらいになってきました。皆さまいかがお過ごしですか? 明日からはいよいよ10月です。
    10月18日、19日、20日の3日間、東美特別展が開催されます。1964年の東京オリンピック開催に合わせて第1回展が催され、今回が19回目です。
    浦上蒼穹堂は前回と同じく3階のブース29で展示します。今回のハイライトは北宋青白磁牡丹唐草文百合口瓶です。写真と解説、来歴をご覧下さい。


    tobi2013_1.jpg

    青白磁牡丹唐草文百合口瓶
    北宋時代、景徳鎮窯は薄い白磁胎に青みの強い透明釉をかけた青白磁を完成させた。この青白磁は影青ともよばれ、片切彫りで文様が施されると、彫りの深浅に従って釉の青さに濃淡が生じ、夢幻的な装飾効果を挙げるのである。この瓶はそうした青白磁特有の装飾効果が最も美しく顕れた作といえよう。尊形の瓶で、丸い胴から直線的に頸部が伸び、その口は縁が百合の花のように形作られている。胴裾は細く締まり、薄く高めの高台がつく。百合口も丁寧な成形であるが、細やかな工夫は胴を覆う牡丹唐草文にも認められる。すべての文様の輪郭をごく細い刻線で描いてから、それにしたがって丁寧に片切彫りを施し、花弁や葉の一つ一つに浅い櫛掻きを加えている。この牡丹唐草文の葉の形が牡丹の花弁とほとんど同じなので、全体が花びらに覆われているように見える。まさに青白磁の白眉といえる作品である。

    ■所載
    『世界陶磁全集・宋』小学館
    『中国の陶磁5・白磁』平凡社
    『陶磁大系37・白磁』平凡社
    『龍泉集芳 ?』繭山龍泉堂
    『中国名陶百選展』日本経済新聞社
    『中国陶磁シリーズ8・宋代の青白磁』大阪市立東洋陶磁美術館
    『中国美術展シリーズ4・宋元の美術』大阪市立美術館
    『中国陶磁の八千年』矢部良明 平凡社
    『陶器講座6・中国2・宋』小山冨士夫 雄山閣
    『日本陶磁大辞典』角川書店

    ■出陳
    東京国立博物館「中国の陶磁展」1994年
    愛知県陶磁資料館「東洋陶磁名品展」1994年
    大阪市立東洋陶磁美術館「宋磁展」1999年
    泉屋博古館分館「中国陶磁 美を鑑るこころ」2006年


    他にも明正徳緑彩龍文盤(在銘)など優品をたくさん展示しますので、ぜひ会場にお越しください。お待ちしております。

    tobi2013_2.jpg


    開催日時
    10月18日(金) 10:00 - 19:00
    10月19日(土) 10:00 - 18:00
    10月20日(日) 10:00 - 17:00

    会場:東京美術倶楽部
    ブース No.29

    http://www.toobi.co.jp/special/index.html


    ところで、明日から一週間ほどロンドンへ行ってきます。
    大英博物館で10月3日から始まる「春画-日本美術における性とたのしみ」展のオープニングとシンポジウムに出席するのが主な目的です。今年2013年は、J400といって英国と日本が正式に国書を交換してからちょうど400年目にあたります。この展覧会はJ400の目玉企画で、質量ともに過去最高最大の春画展といえます。
    ひょんなご縁から、浅木正勝氏と私がこの展覧会のスポンサーになったのですが、10月2日のオープニングレセプションでは大英博物館館長の次にスポンサーを代表して浅木さんが挨拶をされます。こっそりその内容の一部をご紹介すると、「我が国の急速な近代化の中で、春画は積極的には評価されないままでありました。実際、これまで本格的な春画の展覧会は、我が国では行われておりません。この大英博物館の展覧会の成果によって、我が国にあっても、充実した展覧会が開催されることを心より願っております。」と、正に日本での巡回展を期待している方々の気持ちを代弁されています(する予定です)。私も実際にどのような展観になっているのか、拝観するのが今からとても楽しみです。また帰国しましたら、ご報告させていただきます。


    BMshunga.jpg

  • 酷暑お見舞い申し上げます

    お暑うございます!!
    今年の夏は本当に記録的な猛暑ですね。 みなさま 如何お過ごしですか?
    蒼穹堂も8月19日から通常営業に戻り、秋からの企画展などの準備に取りかかっています。

    さて、前回お伝えした7月のサザビーズ香港ギャラリーに於ける春画展のオープニングレセプションに青山学院大学客員教授の岩渕潤子さんが、忙しい中香港まで取材に来られたのですが、その時の模様を今週、彼女が編集長をしているアグロスパシアのサイトに「春画:"江戸のクール"と"クールじゃない"今の日本」という題で記事にしてくださいました。 ご興味のある方はご覧下さい。

    http://agrospacia.com/article/00063


  • Sotheby's Hong Kong Gallery 「春扉」展

    先週の火曜日(7月16日)から金曜日(7月19日)まで香港に行ってきました。
    今回の主な目的はサザビーズ香港のギャラリーで7月18日(木)〜7月31日(水)まで開催される"Beyond The Paper Screen" のオープニングに参加することでした。この展覧会(非売)は私の浮世絵春画コレクションの中から60点を厳選して、昨年オープンしたサザビーズ香港ギャラリーで展示するというもので、香港では初めての日本春画展です。昨年秋からサザビーズのNicolas Chow氏(中国部門ヘッド)と話を進め、今年の春から作品選定など具体的展示プランを練ってきました。サザビーズ側の反応は実に精力的かつ積極的なもので、私もその熱意に共感し、エッセイを書いたり年表を作成したり、香港の人達にできるだけ正しい情報を伝えようと準備しました。16日はギャラリーでの展示確認とスタッフミーティング、翌17日の昼からはびっしりと新聞、雑誌などのインタビューが夕方まで続きましたが、驚くほど熱心にいろいろな質問をされました。18日のオープニングはその反響がピークに達し、11時から16時過ぎまでテレビや雑誌等のインタビュー、そして17時から私と香港サザビーズCEO、Kevin Ching氏と2人で1時間のトークショー(これも立ち見が大勢いるほどの盛況)、18時から20時にはワインを片手に150名ほどの招待客と作品を見ながら懇談、この時もいろいろな質問が飛び交い彼らの関心の高さに驚きました。その後Kevin、Nicolas、Angelika、Yukako はじめサザビーズ側関係者と私サイドの招待客も含めてディナーを楽しみ、大いに盛り上がりました。帰国日の19日も朝8時半からラジオ局でのインタビューがあり、引き続きインターネットメディアの取材(動画付き)と、最後まで取材攻勢が続きました。中国新聞社、香港電台、香港経済日報、Bloomberg、ARTRON、Apple Dailyなどの記者、インタビュアーは単に興味本位の質問だけでなく、春画の歴史的背景や社会との関わりなども聞いてきました。私も「江戸時代の日本人は、男性も女性も今よりずっとおおらかで粋だったのではないか、今回の春画展を見ていただいてそこに描かれた四季、着物、調度品などを通じて日本文化の幅の広さや奥深さを感じ取っていただけたら嬉しいです」などと話しました。

    sothebys.jpg

  • 美食同源の会/根津美術館講演会

    前回のブログから1ヶ月たちました。近況のご報告です。

    6月20日、西麻布の懐石料理店「いち乃」(2013年版ミシュラン一つ星獲得)で美食同源の会を開催いたしました。この企画はボルドー大学公認ワインテイスターでサンク・センス代表の松浦尚子さんと以前から話し合っていたもので、今回「いち乃」のご協力を得て実現したものです。この日のために特別にアレンジされた10品の料理と松浦さんが厳選した5種類のワインに舌鼓を打ち、そして料理を盛る器は私が用意した古染付の4種の皿や盃を使いました。目と舌で楽しみ、古美術への知識や関心も深められたらという主旨の会でしたが、会場にはプライベート美術館のように鑑賞用の鉢や皿も10点ほど展示し、食器として使った古染付の器ともども私が解説や由来について話をしました。もちろん「いち乃」料理長西山さんがその日の料理の説明、松浦さんから料理に合わせたワインについての含蓄あるお話があり、「器と料理、ワイン」の三位一体を五感で味わう一夜は大へん盛り上がりました。参加された方々も大へん満足されたようで、またこのような機会があれば是非知らせてほしいという方がたくさんいらっしゃいました。

    6月29日、根津美術館で開催中の山口県立萩美術館・浦上記念館名品展「やきものが好き、浮世絵も好き」の関連プログラムとして企画された、「息子が語る父のコレクション」という題の講演会で私がお話をさせていただきました。根津美術館地下1階の講堂(定員140名)は事前申込ですでに満席になっていて、当日は追加で用意された補助椅子もいっぱいの盛況でした。基本的には展示されている中国・朝鮮の古陶磁130点の中から私が約3分の1を選び、それをパワーポイントでお見せしながら解説したのですが、それぞれの作品にまつわる思い出なども交えて1時間15分ほどお話させていただきました。残りの15分で父・浦上敏朗が今展の御礼も込めて所感を述べさせていただき、最後は西田宏子副館長と父、私の3人で鼎談風に浦上コレクションやそれに関わった人々のお話をいたしました。来場された方々が大へん熱心に聞いてくださったのが印象的でした。翌日から私のところにも講演会の感想が書かれている手紙やハガキが10通以上も届き、大へん嬉しく感謝しています。


  • 根津美術館に於いて萩美術館・浦上記念館名品展開催

    6月1日(土)〜7月15日(月・祝)の間、南青山の根津美術館で山口県立萩美術館・浦上記念館名品展「やきものが好き、浮世絵も好き」が開催中です。この美術館は、私の父、浦上敏朗が中国・朝鮮の古陶磁と浮世絵版画あわせて約2500点を山口県に寄贈したことをきっかけとして平成8年(1996)に開館しました。今回は所蔵品の中から東洋陶磁130点と浮世絵62点、計192点を厳選して展示されています。5月31日(金)のオープニングレセプション及び内覧会には約700名ほどの招待客が来場され、大盛況でした。根津公一館長と昨年まで山口県知事を4期16年間つとめられた二井関成館長のご挨拶、来賓として近藤誠一文化庁長官ご夫妻、元内閣官房長官河村建夫先生、駐日フランス大使ご夫妻、野村興兒萩市長らが出席され、今年87歳になった父と母も感無量だったと思います。
    日本の浮世絵と中国・朝鮮陶磁の組み合わせはちょっと変わっていると思われるかもしれませんが、展覧会パンフレットには「いずれも質の高い魅力的なコレクション」とあります。確かに、一人の審美眼で選び抜かれたそれらの作品たちは何か共通、共鳴するものを漂わせているように感じられます。
    息子が親のコレクションを誉めるなどということは、愚の骨頂ですが、私も古美術商として40年近くやっていますが、その目で見ても確かに目筋のいいコレクションだと思います。必ずしも網羅的ではないのですが、ピリッと小股の切れ上がったような作品が多いとあらためて感じました。
    嬉しいことに展覧を見られた方々から「大へんよかった」「素晴らしかった」というご感想が私のところへもたくさん寄せられています。ご興味のある方は是非、根津美術館へお出かけください。(10時〜17時、月曜休館)

    6月29日(土)午後2時より「息子が語る父のコレクション」というタイトルで私も講演いたします。
    (参加ご希望の方は、6月15日までに往復はがきで根津美術館講演会係までお申し込みください)

    なお以下の雑誌、新聞、TVで今回の展覧会が取材、掲載されています。
    「目の眼」7月号 特集「はなてばてにみてり」
    「陶説」6月号 特集「浦上コレクション」
    「ART collectors'」6月号
    「小さな蕾」7月号
    The Japan Times」(6月13日)
    「芸術新潮」7月号「古美術商の息子が見たコレクター浦上敏朗」(6月25日発売)

    NHK「日曜美術館」(6月16日放送)
    山口放送「6時のニュース」(6月5日放送)


    nedu20130601.jpg

    山口県立萩美術館・浦上記念館名品展
    「やきものが好き、浮世絵も好き」
    http://www.nezu-muse.or.jp/jp/exhibition/index.html
  • 「北斎漫画」展好評のうちに終了

    昨日5月27日(月)、13日間にわたって開催しました「北斎漫画」展(第2弾)は好評裏に終了しました。最終日は夜8時の閉場時間になってもまだ10名ほどのお客様が名残惜しそうに見ていらっしゃいました。本当に真剣に食い入るように北斎の版画を見ておられる方たちと出会うことは私ども主催者にとっても大へんに嬉しいことです。もちろん入場無料の展観ですから、美術品を見るという気持ちを持っていない方たちも大勢入場されます。美術館やアートフェアに目的意識を持って来られる方とそこが決定的に違うのですが、フラッと入ってきてハッと驚き、感激する人も中にはいらっしゃいます。そのためにこの展覧会をやっていると言っても過言ではありません。会場で北斎のお話をして大いに盛り上がったみなさん、日本橋の蒼穹堂にも遠慮なくお越しください。

  • 渋谷ヒカリエで「北斎漫画」展開催

    いよいよ、明日5月15日(水)から渋谷ヒカリエ8CUBEで「北斎漫画」展を開催いたします。
    これは昨年同時期に行い、なんと2万人もの方がお見えになった「北斎漫画」展の第2弾です。
    展覧会名は一緒ですが、内容は少し変わっていますのでご期待ください。もちろん葛飾北斎の作品を通して、その卓越したデッサン力や構図、なによりその背景にある彼の想像力のすごさをご堪能いただければと思います。私も時間の許す限り会場にいるつもりですので、ぜひお出かけください。

    「北斎漫画」展
    大好評の昨年に引き続き第2弾!!

    会期:5月15日(水)〜5月27日(月)
    時間:11:00〜20:00   会期中無休
    会場:渋谷ヒカリエ(8F) 8/CUBE1,2,3
    入場無料

    http://www.hikarie8.com/cube/2013/04/post-12.shtml


  • J-WAVE LOHAS TALK 放送中

    今週、4月30日(火)から5月3日(金)20:40〜20:50 J-WAVE ロハストークに出演中です。前回のブログに「どんな内容になるのか自分でもよく分からない」と書きましたが、4月中旬に六本木ヒルズのJ-WAVEスタジオで、小黒一三さんと30〜40分北斎や古美術の世界について、いろいろ話したことが編集され、4日分に分けて放送されています。途中で突然音楽が入ったり、私もどんな順番でどんな話が出てくるか毎晩楽しみに聴いています。といっても全部で4日間、今晩の放送を入れてもあと2日です。ご興味のある方は一度聴いてみてください。J-WAVE 81.3です。

    http://www.j-wave.co.jp/blog/lohastalk/


    先週、26日(金)〜28日(日)まで3日間開催された東京アートアンティーク(旧名 日本橋京橋美術骨董祭り)は、天候にも恵まれ盛況裏に終わりました。蒼穹堂にも3日間で280名ほどの方々が来店されました。お客様の対応に忙しく、他の店を廻る時間がなく残念だったのですが、弊店も含め各美術店や画廊がそれぞれ趣向を凝らした企画展示をして盛り上がったようです。
  • 松井冬子さんとコラボレーションしました

    本日発売の『月刊美術』5月号の巻頭特集に日本画家の松井冬子さんと私の対談「ようこそ、古美術の世界へ。」が載っています。

    『月刊美術』編集長の若林さんより、松井さんの作品(掛軸)を蒼穹堂に持ってきて、それに合うような古美術品とコラボレーションしてほしいという依頼があり、急遽実現した企画です。
    松井さんの作品は、2011年横浜美術館における個展に出品された「應声は体を去らない」という題の掛軸で、仏教絵画「九相図」に想を得たものです。死んだ女性が腐敗し白骨化していく過程を描いたものです。
    私は、その掛軸を一日眺めて、約2200年前の漢時代「黒陶双耳大壺」大小2点をぶつけることにしました。アンフォラ形で牛眼とよばれる不思議なデザインの黒陶で、四川省の理蕃文化にのみみられる造形で、一見中国というよりは古代ギリシアの作品のようにみえる壺です。
    結論から言いますと、松井さんは「大きさや形も良いですけど、質感や切れの良さも本当に素晴らしいです」と、たいへん喜ばれました。実際、松井さんの作品を背景に、その大小の壺は存在感を示し、両者は独特の雰囲気を醸しだしました。百聞は一見に如かずと言いますので、月刊美術のウエブサイト http://www.gekkanbijutsu.co.jp/backnumber/1305/ をごらんください。

    もう一つのバージョンで、やはり漢時代の「灰陶舞女俑」も松井作品とコラボレーションしましたが、それも不思議なくらいよく合いました。時を超えて対峙する死後の世界の女性二人とでも言いましょうか。共通するのは、双方ともに芯に力強いものが宿っているということでしょうか。

    松井さんは真剣にそれらの古美術品に対峙し、とても素直に感動されていました。お聞きすると、小さい頃から古美術が好きで、興味があったそうです。古陶磁だけでなく、葛飾北斎のファンでもあるということが分かり、大いに話がはずみました。

    *****

    FM J-WAVE 小黒一三さんの番組「ロハストーク」( 20:40 - 20:50 )に4月30日(火)ー 5月3日(金)に出ます。すでに録音は終わっていますが、4日間に分けて放送されるそうです。小黒さんのペースにのって、勝手気ままに話しましたので、自分でもどんな内容かよくわかりません。
    よろしかったら聞いてください。

  • アートフェア東京 ご報告

    先週、3月22日(金)〜24日(日)まで開催されたアートフェア東京は、好評裏に終了しました。
    21日のプレビュー当日は19時のNHK ニュースでも大きく報道されました。経済が上向きになってきているので、美術品に対する関心も高くなってきているという内容でした。蒼穹堂の外側の壁面に飾った浮世絵の3枚続きもクローズアップされました。そのせいでもありませんが、浮世絵版画は完売しました。  おもしろかったのは、オーソドックスな浮世絵よりもコンテンポラリー調の画題・色彩のものが人気がありました。 本業の陶磁器も中国 新石器時代のフクロウたちや、漢加彩壷などに注目が集まり営業成績も上々でした。 なにより常連の方はもとより、初めてお会いする方などといろいろなお話ができるのはアートフェアの醍醐味だと思います。

    余談ですが、同じ21日のテレビ朝日の18時のニュースに私が登場しました。数日前、ニューヨークのオークションで2億1千万円で落札された北宋時代の定窯碗についての取材だったのですが、なんとその碗は出品者が数年前にニューヨーク州のガレージセールで3ドルで買い求めた品だったのです。女性キャスターの「こういうことはよくあるのですか?」という問いから始まり、古美術品の見かたや、値打ちについていろいろお話をしました。可笑しかったのは、一時間半にわたる蒼穹堂での取材のあと、取材クルーは西新井のフリーマーケットへ掘り出し物を探しに行ったことです。そして、そこで購入した品物(1000円)の画像を私にメールで送ってきて鑑定と評価を依頼してきましたが、もちろんオソマツなもので、私は100円の評価額をつけました。「堀り出そうと思ったら、逆に掘り出されますよ。」と、あんなに忠告したのに・・・残念でした(笑)。