浦上蒼穹堂とは

株式会社浦上蒼穹堂は、東洋古美術の専門美術商で、1979年(昭和54年)4月東京日本橋に設立されました。創立者である代表取締役浦上満は 1951年生まれ、大学卒業後、古美術界の老舗<繭山龍泉堂>に入社、5年間の修行後、独立して日本橋三丁目に<浦上蒼穹堂>を構え、2009年に30周年を迎えました。屋号の「蒼穹堂」は作家の故立原正秋氏の命名で、今でも直筆の扁額が店に掲げられ、その由来は氏のエッセイにも著されています。中国、朝鮮半島、日本の古陶磁を主に取扱い、他に青銅器、漆器そして浮世絵なども扱っております。開業以来数多くの展覧会を企画、主催(別欄に詳細)し、コレクター、美術館関係者、作家など各方面に大きな反響を呼び、美術雑誌をはじめ、多くのメディアに度々取り上げられてきました。
また、そのつど作成した展覧会カタログも内外の研究者から学術的にも高い評価を得、サザビーズ、クリスティーズなどのオークションカタログにたびたび作品解説の参考文献として引用されています。国内の美術館、博物館の企画展にも協力、出品依頼が多数あり、例えば1994年東京国立博物館で催された「中国の陶磁」展には全343点(国宝3点重要文化財30点を含む)中、42点を出品協力しました。個人コレクターを主眼におきながらも、東京国立博物館、大阪市立東洋陶磁美術館など国公立の美術館や、出光美術館はじめ財団法人の美術館やアメリカの美術館にも数多く作品を納めてきました。

Uragami Sokyu-do Co., Ltd. was founded in 1979 in Nihonbashi, Tokyo. The founder, Mitsuru Uragami, worked for a well-established antique art dealer, Mayuyama & Co., for five years. Then he started his own business, which marks its 30th anniversary in 2009. We deal with the works of Asian art, especially that of Chinese, Korean and Japanese ceramics; as well as Ukiyo-e wood block prints. Since our establishment, we have organized and curated many exhibitions, which are listed in other page. These exhibitions gained high reputations from museums, collectors, and artists in Japan and abroad, and were featured in a various media besides art magazines. These exhibition catalogues also receive academic recognition from scholars at home and abroad. Moreover, the catalogues have been cited as references in auction catalogues of Sotheby’s and Christie’s for more than 20 times.
Our clients include museums and institutions from all over the world such as the Tokyo National Museum, Harvard University Art Museum, Cleveland Museum, USA, and so on. From 1997 to 2007, Uragami Sokyu-do participated in the International Asian Art Fair in New York for 11 years, and Mitsuru Uragami served on vetting committee of the fair.

店主 浦上満について

幼少の頃より、コレクターであった父、浦上敏朗(山口県立萩美術館・浦上記念館 名誉館長)の影響で古美術に親しみ、大学卒業後、繭山龍泉堂での修行を経て浦上蒼穹堂を設立しました。
数々の展覧会を企画開催し、また、日本の美術商として初めて1997年から11年間ニューヨークで「インターナショナル・アジア・アート・フェア」に出店。ベッティングコミッティー(鑑定委員)も務めました。現在、東京美術倶楽部取締役及び東京美術商協同組合の理事を務めています。2011年「古美術商にまなぶ 中国・朝鮮古陶磁の見かた、選びかた」(淡交社)を刊行。

Mitsuru Uragami was familiar with art and antiques from his childhood because of his father, who is a celebrated collector of Ukiyo-e and Asian ceramics. His father, Mr. Toshiro Uragami, had donated his art collection to Yamaguchi prefecture and now serves as the honorary director of Yamaguchi Prefectural Hagi Uragami Museum.
After graduating from university, Mitsuru Uragami was trained at Mayuyama & Co. and founded Uragami Sokyu-do Co., Ltd. From 1997 to 2007, Uragami Sokyu-do participated in the International Asian Art Fair in New York for 11 years, and Mitsuru Uragami served on vetting committee of the fair. In Japan, He is Director of Tokyo Art Club and Trustee of Tokyo Art Dealers' Association

(株)東京美術倶楽部 取締役
東京美術商協同組合 理事
東洋陶磁学会 監事
国際浮世絵学会 常任理事
日本浮世絵商協同組合員
慶應義塾大学 特別招聘講師

Director of Tokyo Art Club
Trustee of Tokyo Art Dealers' Association
Auditor of Japan Society of Oriental Ceramic Studies
Executive director of International Ukiyo-e Society
Guest lector of Keio University

北斎漫画 × 浦上満

北斎漫画と浦上満について

北斎漫画と浦上満について

浦上蒼穹堂代表である浦上満は、学生時代より「北斎漫画」の魅力にとりつかれ、以来40年以上にわたり約1400冊の「北斎漫画」を蒐集し、専門家のあいだでは現在、質・量ともに世界一のコレクションといわれています。1987年以来、「北斎漫画」展を県立、市立の美術館などで30回にわたり企画、開催しています。

Mitsuru Uragami has been collecting “Hokusai Manga” for more than 40 years since he was attracted to its charm in his school days, and it now counts 1400 volumes. Among the authorities, he is said to be the best “Hokusai Manga” collector in the world. He has held the “Hokusai Manga” exhibition at more than 30 public museums in Japan since 1987.